投資信託比較ランキング

初心者にも分かる投資信託。投資信託の基礎知識、投資信託の種類や比較など、初心者の方にも分かるように分かりやすく解説。
投資信託比較ランキングについて

初心者にもわかりやすい投資信託の情報を扱っています。投資信託の比較、投資信託の人気ランキングなど、初心者向けの選び方情報から、投資信託の種類、投資信託の仕組み、投資信託にかかる税金・手数料・コスト、投資信託の基準価格、利益・分配金、分配金の注意点など、一歩進んだ情報まで掲載しています。投資信託の正しい知識を身に付けて、上手な資産運用を行いましょう。

投資信託比較ランキング 新着情報

景気の回復がなかなか予測できない現在では、自分の身は自分で守るために色々な手を尽くす方も少なくはないと思います。その方法の一つとして、投資信託を選ぶという方もいることでしょう。それでは、投資信託とは何なのでしょうか?投資信託の初心者にとって、まずはその部分が入り口になります。投資信託は、「ファンド」と言う言葉でも表現されることがあります。

ほとんどの商品が、最低一万円から購入することができます。投資信託初心者であっても、それほど敷居の高いものではないでしょう。もちろん、自分で自由に投資金額は決めることができるという点をみれば投資を始めやすいといえます。このようにして数人の人から集めたお金を元手にして、株や債券などに、そのお金が投資され、そこで得られた利子や配当金などが、投資家に分配されるといった仕組みになっています。

投資信託初心者の方は利子や配当金は、きちんと得られるのか?と言う不安を抱く方もなかにはいます。しかし、投資信託とは、投資家本人がお金を運用するのではなくて、その道のプロである「ファンドマネージャー」が運用を行なってくれます。そのため、個人ではなかなか運用が難しい場合であっても、専門家を通すことによって、投資ができるという点は大きな魅力です。

ドバイ株式のファンドは日本でも購入できるようになったそうですね。これはジャパンデジタルコンテンツ信託によるノーロード型ドバイ株ファンドのことです。受付開始から、かなりの資金を集めることになるとおもいます。このファンドの特徴としては、本格的なドバイ株を組成したファンドであることや、日本での直接購入ができるようになったということが大きな点だと思います。そして個別株では外国人持株制限により投資できない株式であったとしても現地投資銀行とのタイアップによてファンドへの組込みができるようになっていることもポイントだと思います。

ノーロード(販売手数料無料)というのも惹かれる点かもしれませんね。そして小口の10万円からでの投資も可能となっているようです。またドバイ関連の投資信託を買うためにはどうしたらよいのでしょうか。ドバイ関連のファンドオブファンズを取り扱っている代表的な会社にFMGファンドマネージャーズという投資会社があります。こちらは有名な投資会社のようです。FMGファンドマネージャーズはFMGが設定しているFMG MENAファンドでは、ドバイを含む中東の急成長を背景にして年率20%~40%のリターンをはじき出しているそうです。

しかい残念ですが、FMGのファンドも現時点では日本から購入できないみたいです。そのため、香港などの代理店経由の購入になってしまいます。ドバイ関連の投資信託にはどのようなものがあるでしょうか?投資信託のメリットといえば、いろいろな投資対象がミックスされていることによるリスク分散が挙げられるとおもいます。原油価格や中東情勢の影響を受けやすいドバイに投資するときには積極的なリターンを求めながらも投資信託本来のリスク軽減を図りたい、と誰しでも考えることでしょう。そのためかドバイを投資対象とした投資信託の需要はさらに高まっていくと思われます。

みずほ銀行の投資信託(http://www.mizuhobank.co.jp/saving/fund/)では、さまざまな商品を取り扱っています。商品についてはウェブサイトからも確認することができます。またはじめて投資信託をおこなうという方向けに投資信託のしくみについての説明や投資信託の特徴、投資信託のリスクとリターンなどの情報も得ることができます。投資信託をおこなうには自分のライフスタイルにあわせた運用スタイルをおこなっていくとよいでしょう。

投資信託の種類には、「公社債投資信託」と「株式投資信託」があります。投資信託には、かず多くの種類があります。投資をする対象によって大きく2つに分けられいます。1つは、国債や地方債、社債等の債券を投資対象としており株式を一切組み入れないとされている「公社債投資信託」です。もう1つは、株式の組み入れをすることができる「株式投資信託」です。公社債投資信託は主に安定運用を目指すものが中心となっています。元本割れとなった場合には追加設定を行うことができません。

株式投資信託は国内株式型、国際株式型のほかにも、公社債等を組み合わせたバランス型などがあり、本当にさまざまな種類のものがあります。その他にも日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)というようなインデックスに連動する運用成果を目指しているインデックス型と、市場平均を上回る運用成果を目指しているアクティブ型に分類されています。投資信託はおくが深いですよね。なるべくリスクを低くするために投資信託をはじめる前にはきちんと情報を把握することをおすすめしたいと思います。

東証アカデミーのコアコースというものがあるのをご存知ですか? 東京証券取引所が証券知識に関する学習プログラムを提供しているのですが、そのために開校している、東証アカデミーは対象としている方はセミナーの内容によってもことなりますが、たとえば証券投資の経験はないけれど関心を持っている方や証券投資の経験はあるけれどはじめて間もない方、そして前から証券投資を行っているが基礎的な知識をはじめから学んでみたい方です。

このセミナーの受講者はたくさんいて、講義時間は19時~20時30分までです。東京証券取引所内で講義が行われるということもあって会社帰りの男性や女性が多かったみたいですね。このコースは毎回120~150名くらいは参加されているみたいです。勉強熱心な方が多いことも特長で、受講者の年代も20代や30代で約70%をしめており、非常に若い受講者の方が多かったようです。

講義内容は、証券投資を行う前に知っておきたい基礎知識や資産運用の手順とポイント、株式投資に必要な情報収集とその活用方法、株式売買取引の仕組みなどです。株式投資を行うにあたって必要な基礎知識がわかりやすく解説されているそうです。内容そのものについては、専門的なところまで話されていて決算短信の見方や為替の影響を受けやすい株というように、ある程度は株式投資の経験のある方でもためになる内容だったようです。

ロシアの投資信託について一部、ご紹介したいと思います。ロシアと聞くとどのようなイメージを持ちますか?とにかく面積がひろくて寒い国というようなイメージがあるとおもいます。世界でも最大の面積をほこっている国であり、意外と日本からは近くにある国ですよね。ほんの数10年前は国家破産をした国なのですが、最近では高騰する原油価格のオイルマネーで急激に潤っているような状態になったそうです。

ドン底から這い上がってきたロシアという国はいまでは世界の超大国として復活しつつあるといえるでしょう。それではロシア経済の強みとはどういったものなのでしょうか。それはBRICsといわれるような高い経済成長(年率成長GDP6%)がまず挙げられます。そして広大な土地に眠る鉄鉱石や石油などの豊富な資源があることも注目する点でしょう。世界第2位の石油産出量を誇っており世界第1位の天然ガス埋蔵量も誇っています。そしてダイヤなどのレアメタルについても豊富に貯蔵されていることもわかっています。また世界で一番多いお金持ちの旺盛な消費やオイルマネーで増加しているインフラ整備、地球温暖化による北極資源の開拓、EUや東欧のエネルギー権を握っている立場の強さなどもあげられます。

旧ソ連時代とは180度変わったロシアはどういった状況にあるのでしょうか。旧ソ連といえばは物不足が不足しており、生産設備や建物も老朽化してうて人びとの暮らしはとてもきつく、すんでいる人々の表情は暗いというイメージが根付いていました。しかし、もうそれは過去のものなのです。今のロシアは首都モスクワは世界で一番お金持ちが多い都市となりました。1000億円を有すビリオネアが数多く存在しています。インフラは行き届いておりきれいに磨いた外国車が列をなして走っています。街は安全でソ連崩壊で砕かれたプライドを取り戻していて、前と同じように大国であるアメリカと渡り合うことのできます。